セレモニー奏者の目からみた 現代の葬儀事情(グリーフケア音楽と葬儀)と今まで知らなかった葬儀常識も含め色々な葬儀に関する情報などを発信してみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末年始の葬儀業界!
葬儀業界には年末年始はありません
当たり前のことですが、人が亡くなることは全く予定が立てられるはずもなく
私もこの仕事を始めてから、全く先の予定が見えなくなりました

そんなことは、百も承知のことなので仕事上問題はありませんが
年末31日大みそかまで葬儀は発生(葬儀業界用語)していました。
そして、1月1日だけは斎場がお休みなので葬儀式はありませんでしたが
2日から斎場があいているので
昨夜お通夜、そして今日2日、世間ではお正月ですが
葬儀告別式を行いました。
今日のお葬儀の故人様は12月30日の夜に亡くなられた方でした

昨年もそうでしたが、必ずお正月は葬儀が立て込むようです。。
不思議です

昨年は、東日本大震災で東日本では多くの方が亡くなられました。
実は、昨年西日本では葬儀数は少なかったのです
これは不思議な現象の一つだそうですが
人が年間に亡くなる人数というのは、だいたい同じ数だそうです
なぜ、昨年西日本で葬儀数が少なかったかというと
東日本大震災でたくさんの方が亡くなられたからだということです。

年間を通してはどこかで辻褄があう?という話しを聞きとても
不思議に思いましたし
1995年阪神淡路大震災の時は、関東で葬儀数が少なかったそうです
不思議です。

年が明けリセットされる?のかどうかさえもわかりませんが
必ずどこかで辻褄が合うという風に業界の方から裏情報で聞いていますので
ますます不思議な感じを受けました
説明がつかないことが起きるのでしょうね。

今年もたくさんの方をお送りすることになるかと思いますが
ご家族のお心を少しでも音楽で癒してもらえるように
頑張りたいと思います

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。
ランキングにご協力よろしくお願い致します。
http://www.jewel-music.jp



コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © グリーフケア音楽とフューネラル(葬儀). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。