FC2ブログ
セレモニー奏者の目からみた 現代の葬儀事情(グリーフケア音楽と葬儀)と今まで知らなかった葬儀常識も含め色々な葬儀に関する情報などを発信してみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緩和ケア1
緩和ケア(ホスピス)ということばを初めて聞いたのは、2005年 父が末期のガンで
病院での治療では、手の施しようがなくなった時に
病院のドクターよりホスピスに移ることを勧められました。。
その当時
ホスピスに対する知識がないなか、他に選択肢もなく
ただ、病院にいる父は熱でうなされ会話もできず辛そうな状態で見ているのも辛かったので
少しでもその状態が改善されるのであればと、ホスピスに移ることを選択しました。

ただ、その時はホスピス=死を待つ為の施設?病院から見放された患者さんが行くところ?
というイメージしかありませんでした

まず、病院を移ることを父になんて説明すれば良いのか?
本当に今より状態が良くなるのか?
保険がきかない
ホスピスの差額ベッド代を支払っていけるのか?
父はあとどれくらい生きているのか?

不安なことがどんどんおしよせてきました。

まず、ホスピスには、患者自身に話をしないで入院することはできず
患者をつれて面談にいかなくてはいけません・・
しかし、父は病院で話しをすることもできない寝たきり状態でいたので
私と母とで面談に行きました。
その時に、ホスピスに入院希望されている患者さんが大勢いることを知りました
でも、幸いなことにタイミングも良く
多分、父の状態が悪かったので
すぐに入院できることになりました。

入院してからは驚くことばかりでした
私のホスピスに対するイメージは一変し
結果、父の最期をホスピスで見とることができてとても良かったと思っています

ホスピスに移れば苦痛の緩和を中心に治療が行われます。
一般病院だと、病院を維持することが目的ではっきり言って無駄な検査をしますが、ホスピスでは無駄な検査はしません。
一般病院にいるより確実に安らかな死を迎えることができると思います。
まさに、父は安らかな死でした

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。
ランキングにご協力よろしくお願い致します。
http://www.jewel-music.jp
スポンサーサイト
Copyright © グリーフケア音楽とフューネラル(葬儀). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。