FC2ブログ
セレモニー奏者の目からみた 現代の葬儀事情(グリーフケア音楽と葬儀)と今まで知らなかった葬儀常識も含め色々な葬儀に関する情報などを発信してみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父の7回忌法要
早いもので、今月の29日父の7回忌です
私が現在葬儀の現場で音楽の仕事をする大きなキッカケをもらった6年前の父の葬儀・告別式

今でも父が息をひきとった瞬間・・
そのあとの色々な儀式~葬儀・告別式まで鮮明に覚えています。
もうそんなに月日が流れたのかとつくづく時の流れの速さに驚きます

今、日々葬儀の現場に入って演奏をさせてもらっていて
たくさんの家族のお別れのシーンに立ち合っています。

いろんな意味でとても貴重な体験をさせてもらっているように思います
葬儀のシーンは
故人様の生きてこられた人生を垣間見ることができます。
ある意味、私の考え方も変わりました。

会葬者の数だけがすべてではありませんが
地域の方々に貢献をされた方はそれなりに
たくさんの方が最後のお別れにこられます。
やはり、その方の人柄や貢献度はお葬儀に現れるように思います

葬儀なんか必要ないという考え方もたくさんいらっしゃると思いますが
人生の終焉を迎えるにあたり
やはりけじめをつける意味でもセレモニーは必要だと思います

セレモニーは今後多様化していくと思いますので
私も自分に合ったセレモニーで人生の最後をしめくくれると
良いかなと今は思います

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。
ランキングにご協力よろしくお願い致します。
http://www.jewel-music.jp
スポンサーサイト
Copyright © グリーフケア音楽とフューネラル(葬儀). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。