セレモニー奏者の目からみた 現代の葬儀事情(グリーフケア音楽と葬儀)と今まで知らなかった葬儀常識も含め色々な葬儀に関する情報などを発信してみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の葬儀事情
2016年も前半が終わり7月からは後半に入ります。
ホントにあっという間に1年が過ぎ去りますね
ブログ更新はとても久しぶりすぎて反省の日々です
できるだけ情報発信をしていきたいと思っています。

最近の葬儀の特徴ですが・・規模(参列者)が小さいお葬儀がますます多くなってきています。
基本 ご家族と親族さんだけ・・参列者なし・・の形が多いのです。
しかし、それについては私個人の意見としては疑問があります追々ブログに書きたいと思います。

もちろん参列者が多い?のも考えさせられることが多くなにがベストか
葬儀を出す側も迷われるかと思います。

まずは、葬儀式の意味・目的などをしっかりと持たないことには答えはないかと思います

つい最近の葬儀なんですが、喪主様お一人のお式がありました
親族もいませんたったお一人なのに 祭壇も大きくお花もとてもきれいに飾られていました。

私たちスタッフの方が人数多いのです。

それでもきちんと亡くなった身内の方を葬送されていた姿には感銘を受けました。
もちろん人それぞれの考え方があるので一方向からの見方で良い悪いの答えはありませんが
演奏してる奏者の立場から言います喪主様と故人様だけに向けてだけの演奏
なんて贅沢でもありなんて価値ある体験・・経験・・
こんなことそうあることではありません。

これも一期一会っていうのでしょうか?

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。
ランキングにご協力よろしくお願い致します。
http://www.jewel-music.jp
スポンサーサイト
伯母の死
先日、伯母が急死しました。
それも、突然に・・
その日のお昼は、食事をし元気にしていたそうです。
夕方、そこの息子さんがお母さんにおまんじゅうを買ってきて
食べていたところ、部屋をのぞくと
そこに伯母が倒れ、すでに心肺停止していたそうです。

お昼~夕方まで元気だった方がその日の夜には他界している

本当に生と死は表裏一体だとつくづく思い知らされました

私は、一般の方とは違い日々人の死をまじかに見ているはずなのに・・
今回の出来事は、やはりかなりショックな出来事でした

私も伯母と同じ年の母がいます。
とても他人ごとの出来事ではありませんが
母は、伯母の亡くなり方については、あやかりたいと話していました。
急死したことは悲しく辛い出来事ですが
長患いではなく、さっきまでおいしいおいしいと食事をし会話をしていた方が
ポックリと逝く。これは、シルバー世代の方が皆さん望んでいる亡くなり方のようです

私もやはりこういうお迎えであればいいのになあ。。と思います
これもやはり普段の行い?ということでしょうか

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。
ランキングにご協力よろしくお願い致します。
http://www.jewel-music.jp
ある葬儀での親族挨拶
最近、あるお葬儀での挨拶に深く感銘を受け演奏をしながら涙が止まりませんでした
故人様の年齢は85歳 男性の方です。

奥様はご健在で、娘さんはお二人
娘さんと言っても60歳くらいの方ですが
とても品のある穏やかな方でした

普段の葬儀での親族ご挨拶といえば・・
やはり突然のことですから 司会者さんの代行であったり
ご挨拶されたとしても定番の文例をそのまま読まれる方がほとんどです

本当に故人様に対する思い出や想いを述べられる方は
まだ今の葬儀式の中ではそんなに多く見受けられません。
そんな中
今回は、いつもと同じ・・かなと予想もしていなかったので娘様の挨拶にがかなり心に響くものがあり
今思い出しても号泣してしまいます

何がそんなに私の心に響いたのかというと
とても穏やかに挨拶された口調
そして亡くなったお父様への思い出
お父様への感謝
お父様への想い
それぞれとても簡潔にまとめ話されていたことが
一度もお目にかかったことのない故人様に対して
私の心にとても深く感銘を受けました

話しの内容もとても素晴らしかったので公開したいのですが・・
やはり個人情報の部分になるのでくオープンできないのはとても残念です

挨拶・・はやはりとても大切なことを改めて感じました。
ありきたりの式次第にするのではなく
何かそこに故人様に対するメッセージをお式に中にいれることは
とても良いことだと思っています

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。
ランキングにご協力よろしくお願い致します。
http://www.jewel-music.jp
甥っ子の死 1
私が、この仕事をやりたいと思うようになったキッカケは父の死でしたが、
実はそれより4年前にさかのぼること・・
弟の子供が1歳で亡くなりました
医療過誤が原因です

その時にも、いろんなことを考えさせられました
彼の葬儀でも思うところがありました。

2001年11月もう11年も前のことになります。
生きていれば、11歳 元気な小学5年生です

その時のこと、鮮明に覚えています
ようやくここへきてその時の気持ちを私の立場で思い出し
整理してみようと思いました。

甥っ子のことを忘れない為にその時のことを思い出しながら
少しずつブログにアップしていきたいと思っています。

弟たち夫婦の辛さを考えると
私が感じた気持ちとは計り知れないものなので
弟たち夫婦の気持ちの代弁ではなく私の個人的な意見と思いです

それは、突然母からの電話から始まりました。
「Rちゃんが緊急入院したから・・」
その時は、まさか今から起きる事態を想像もできず
単に 早く元気になればいいのに・・と願っていました

甥っ子が緊急入院してから
彼が旅立つまで1週間・・あまりにもの短期間
非常な結末に私は唖然とし、にわかに信じることができませんでした。

一体、彼の身に何が起きたのか・・?

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。
ランキングにご協力よろしくお願い致します。
http://www.jewel-music.jp
出会いと別れ
人生には、出会いと別れが必ずあります。
その中で
葬儀・告別式のお別れほど悲しく辛いことはありません。
永遠に別れなどなければ・・と思うこともあります。

人は、いつか亡くなる
そして愛する人たちとの最後の日がやってくる
頭でわかっていても、実際にその日を迎えないとなかなか実感はわかないものだと思います。


今日は、とても悲しく辛いあるご家族のお別れの現場に立ち合いました。
35歳男性 2人の小さいお子様を残しての旅立ちでした
もし、私が奥様(彼女)の立場であったらどうだったろうか!
と思うと涙が止まりませんでした

グリーフケアを考えると
彼女は今から試練がやってきます。
とにかく毎日毎日悲しみがとめどとなくおそってきます。
それを乗り越えていくのはやはり彼女の場合、小さい2人のお子様がいること。
これが、生きる支えになるのは間違いないと思います

悲しみをこらえすぎるのは、精神的に良くないので
思いっきり悲しむことが
大切です。
ただ、そばで彼女が悲しみ号泣している姿を見ているのも
とても辛かったです


音楽は心を癒してくれます。
ご主人との思い出の曲をたくさん聴いて下さい。

心やすからに、いつかお子様とお父さんとの思い出を語れる日がくることを
願っています。心よりご冥福をお祈り致します。
Copyright © グリーフケア音楽とフューネラル(葬儀). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。